エクステリアリフォームで失敗しない8つのポイント その2

駐車場周り・ガレージ

車を大切に管理する為には、車の条件(幅、長さ、高さ)と敷地の条件(高低差:道路と敷地の差、設置場所、道路の状況等)と設備条件(水道、照明、収納など)を十分に把握して計画をしないと実際に車を入れてから出し入れがしにくかったり、洗車が、しにくかったりと使い勝手が悪かったり、使えなくなったりしてしまいます。

また、車や自転車などを保管する為のスペースですが、車がない状態の事も考えておく必要があります。全体のバランスや車庫以外としての有効利用などと使い方のイメージが広がるのもこのゾーンです。


基本的な形状

一台用のガレージ基本スペース
(車椅子使用の場合は、W:3500程度が必要)
(一般最小間口は、W:2200程度)
二台並列用のガレージ基本スペース 二台奥入れ用のガレージ基本スペース

一台縦列用のガレージ基本スペース L字型ガレージスペース

ガレージタイプ

ガレージにはいくつかタイプがあります。
基本的には、
・片流れタイプ
・片流れ吊りタイプ
・四足タイプ
・合掌タイプ
・大型タイプなどがあります。

ガレージのシャッター

ガレージのシャッターにも幾つか種類があります。また、シャッターはつけることで防犯にもなります。
・大型ゲートタイプ
・大型シャッタータイプ
・跳ね上げ式タイプ
・引き戸タイプ
・伸縮門扉などがあります。



福喜
北九州 福喜
北九州
お客様の声 北九州
施工事例 北九州

 福喜
福喜

linksyu.jpg
福喜
北九州
 福喜
福喜