• HOME
  • サニタリーリフォーム ポイント4 洗面化粧台の最新傾向①

サニタリーリフォーム ポイント4 洗面化粧台の最新傾向①


洗面化粧台の最新傾向

洗面室には、顔を洗う、歯磨きをする、身だしなみを整える、洗濯をするなど、さまざまな機能が求められます。まして、洗面室の多くは、バスルームの隣にプランニングされ、脱衣室も兼ねている場合が多いのが現実です。洗面・脱衣室として、ますます多彩な機能が求められている場所と言えるでしょう。しかし、その割には、キッチンプランやバスルームプランに比べると、なんとなく後回しになっているのではないでしょうか?

カウンターに洗面ボウルを組み込んだり、空間に合わせた洗面化粧台を選んだり、システム洗面化粧台を壁いっぱいに組み合わせたり・・・。いろいろなプランが考えられますが、ここでは一般的な洗面化粧台について、最近の傾向をご紹介します。

洗面化粧台の種類と特徴

洗面化粧台は大きく分けると、システムタイプと据え置き型の2種類あります。

システム洗面化粧台

システムキッチンと同じ様に、カウンターや洗面ボウル、扉材、水栓金具など自由に選び組み合わせる事ができるタイプ。洗面室の壁面や空間ボリュームに合わせて組み合わせる事で、オリジナルな洗面スペースを作る事ができます。収納の充実を図ったり、洗濯スペースとコーディネートを図ったりする場合が多い様です。


据え置き型洗面化粧台

間口サイズなどによって、さまざまなタイプの商品があるのが一般的な据え置き型の洗面化粧台。ユニットタイプなどと呼ばれることも。洗面ボウルと鏡、収納キャビネット、照明器具、水栓金具などで構成されます。
洗面ボウルまでの高さは75cmもしくは80cm、開口は75cm、90cmが売れ筋です。 最近では据え置きタイプもデザインや機能のバリエーションが多種多様。システムタイプの様に収納ユニットなど組み合わせができる商品が多く、空間プランに合わせてコーディネートする事が可能です。


お掃除のしやすさは絶対条件

新商品の方向性をみると「掃除、お手入れのしやすさ、収納の充実、インテリア性のアップ」が挙げられると思います。その中でも掃除がしやすいかどうかは、湿気の多い空間だけに気になるポイント。掃除のしやすさ、お手入れに関しては、メーカー独自の技術で、汚れがつきにくく、落としやすい加工を洗面ボウルに施していたり、カウンターとボウルを一体仕上げにする事によって壁側を立ち上げ、水はねに対応したものなどが見られます。

ボウル

ボウルの素材や種類は、陶器、樹脂、人造大理石など。陶器や樹脂が一般的ですが、いずれも耐久性にすぐれ変色にも強い素材です。 樹脂やアクリル系の人造大理石は成形しやすいので、一体成形のボウルによく見られます。


水栓金具

水栓金具のまわりは、水垢や石鹸カスなどが溜まりやすい場所です。そんな汚れが溜まりにくいように、水栓金具の取り付け位置に角度をつけたもの、壁付きとしたものなども増えてきています。排水口の髪の毛の取り除きやすいヘアキャッチャーが付いたもの、収納部分のトレイや扉が取り外せ、お手入れがしやすい商品も増えてきました。





福喜
北九州 福喜
北九州
お客様の声 北九州
施工事例 北九州

 福喜
福喜

linksyu.jpg
福喜
北九州
 福喜
福喜