• HOME
  • キッチンリフォーム ポイント1 キッチンの種類

キッチンリフォーム ポイント1 キッチンの種類

「システムキッチン」は、いろいろな形、デザイン、サイズが登場しバリエーションが豊富になっていますが、大きく分けて「I型」、「L型」、「対面式」、「アイランド型」などがあります。

「I型」

最もスタンダードなタイプで、横幅2550mmが基本サイズです。無駄なスペースをとらず狭いキッチンにも適しています。ただし、間口が広くなりすぎると作業効率が悪くなる側面があります。

「L型」

壁二面をキッチンに使用するタイプ。広々と使用でき、導線が短いLの字のレイアウトです。
しかし、狭いキッチンだと壁を使うスペースが二面埋まってしまい、冷蔵庫、キャビネットなどの移動ができず、不便さを感じる事もあります。

「対面式」

対面式は、シンクとコンロが二つに分かれ並行して並んでいるタイプで分担作業に適しています。
導線が横移動ではなく縦移動になるのでシンク側からコンロ側にモノを運ぶ時に、床が汚れやすいというデメリットもあります。

「アイランド型」

キッチンが島になっているので、あらゆる方向から家族や来客がキッチンを取り囲めます。
しかし、広いリビングでないと圧迫感を感じるレイアウトになってしまったり、料理のにおいが広がりやすいという面もあります。

選ぶポイント!

キッチンを選ぶ時のポイントは、「高さ」「機能性」「収納力」です。
キッチンは「高さ」が重要です。高すぎると使い勝手が悪くなりますし、低すぎると腰に負担がかかってしまいます。システムキッチンの高さは、85cm前後が多いのですが、ワンサイズのみのものや、1cm毎に高さを変えられるものなどさまざまな商品があります。

一般的に「身長÷2+5cm」が、高さの目安になります。
使用者に合っているかを確認しましょう。
また、収納力や機能性も大きなポイントになります。掃除がしやすいか、キャビネットが開けやすいか、また開け閉めの際の音がうるさくないかなど、実際の使用シーンを想定したチェックが重要になります。 


福喜
北九州 福喜
北九州
お客様の声 北九州
施工事例 北九州

 福喜
福喜

linksyu.jpg
福喜
北九州
 福喜
福喜