• HOME
  • キッチンリフォーム ポイント3 素敵奥様になる為のキッチンリフォーム術

キッチンリフォーム ポイント3 素敵奥様になる為のキッチンリフォーム術

最近は、ホームページやブログなどで素敵な食卓の写真なども、たくさん紹介されています。
「あんな素敵な食卓にしてみたい・・・でもお料理は得意じゃないし、面倒・・・」なんて思っている方も多いのではないでしょうか?
でも実は食卓の彩の差は、キッチンのほんの少しの差で生まれます。
そこで、素敵奥様になる為のキッチンリフォームのポイントをご紹介します。

ポイント① お助け家電が日常使いできるかどうかで差がつく!

ミキサーやフードプロセッサー、ホットサンドトースター等々。料理の為のお助け家電はたくさんあります。
これらを上手く使えば簡単で、仕上がりも美しくメニューのバリエーションも増えてと言うこと無し!です。
しかし、実際には1回だけ使って後はしまい込んだまま・・・という方も多いのではないでしょうか?
つまり、キッチン家電の収納方法によって食卓に大きな差が出でくるのです。

キッチンには炊飯器や電子レンジだけではなく、たくさんの家電製品があるので、キッチンリフォームの際には、それらをすぐ取り出せて、すぐしまえるような収納方法を考えると良いでしょう。
吊り戸棚収納にしたいのであれば「電動昇降式」にする、フロアキャビネットなら「引き出し式」にするなどの工夫をし、どんどん増えるといことを頭に入れ、余裕のあるスペースを取っておくことも大切です。

ポイント② こやしを作らない収納かどうかで差がつく!

素敵な奥様の食卓は、食器類もバリエーション豊富で食器や小物を効果的に使うなどテーブルコーディネートも素敵です。
さて、食器棚をよく見渡してみて下さい。しまいっぱなしの使用していない「食器棚のこやし」となった食器や小物はありませんか?
日本人の食卓は小皿を使用することが多いので、奥行きの深い食器棚だと2列、3列に置くことになり、結局手前のものばかりを使うことになってしまいます。
選びにくく、差し入れのしにくい食器棚では、結局いつも同じ食器を使うことになり、毎日代わり映えのしない食卓になってしまいます。
これらの眠っている食器や小物を日常使いするだけでも、食卓の彩りは大きく変化します。まずは、食器類をひと目で見渡せるような食器棚にリフォームしてみましょう。
食器やキッチン小物が1列にしまえるよう、何種類かの奥行きの食器棚を考えてみて下さい。

奥行き10cmの収納スペースは、小皿や小物、カップやお椀類を収納するのにとても便利ですし、壁の厚みを利用して作ることもできますよ。
ポイントは、一目で見渡せて、すぐに取り出せることです。

ポイント③ 後のことを考えないで作業できるかで差がつく!

たくさんの調理機器、小皿類、素敵にはしたいけど後のことを考えると・・・という方も多いのでは?
そこで、活躍するのが食洗機です。紅茶を飲むにも「ティーカップ」「ソーサー」「スプーン」3点も洗い物が出てしまいます。
洗う事を考えると、面倒でカップだけで・・・となっていたところが、食洗機に入れて簡単に洗い物が出来るなら、丁寧に紅茶を入れてソーサーもつけて、ついでにミントの葉も添えてみよう・・・というような余裕も生まれるかもしれません。
もちろん大切なガラス機や漆器は食洗機には入れられませんが、日常使う食器なら使えますので後片付けの憂鬱さを考えないで食器を使うことが出来ます。
やたら手間ばかりかかるようでは素敵奥様になろう!という気も失せてしまいます。
素敵奥様の食卓作りには、キッチン家電や食器類が面倒なく使えるようなキッチンプランであることが大きなポイントとなっているのです。
食洗機は「フロントオープン式」「引き出し式」があります。
生活スタイルに合わせて選びましょう。


福喜
北九州 福喜
北九州
お客様の声 北九州
施工事例 北九州

 福喜
福喜

linksyu.jpg
福喜
北九州
 福喜
福喜