• HOME
  • キッチンリフォーム ポイント6 スキマ大活躍!キッチン収納リフォーム技

キッチンリフォーム ポイント6 スキマ大活躍!キッチン収納リフォーム技

スキの無いキャビネットで収納力をアップ

フロアキャビネットにある大きなデッドスペースと言えば、シンク下の配管スペースと足元の台座のスペースです。この部分はかなりの容量がありますので、上手く活用できれば収納力を大幅にアップさせることが出来ます。

写真はフロアキャビネットのデッドスペースまでスキマなく引き出しが取り付けられたキッチンセットの様子です。シンク下には薄型の引出しを取り付け、足元部分も一番底まで引き出しになっていますので、無駄がありません。また引き出し式なら奥までしっかり見え、使い易いというメリットがあります。

収納のリフォームプランの際に大切なことは、中に死角はないか、また無駄な空間が隠されていないかとよくチェックすることです。

頻繁に使うものを収納する究極のスペース

おたま、サラダ油、菜ばし、などキッチンでは毎日頻繁に使うものがたくさんあります。
そしてこれらは、ぱっと取り出せてササッとしまえるようにしておくことが一番のポイントです。
奥にしまい込んでしまうような収納では、作業スピードが一気に落ちてしまいます。
そこで生まれたのが、写真の収納の扉部分を利用した薄型スペースです。引き出しを開かなくても扉部分だけをサッと開いて中の物を取り出すことが出来、コンロ下には、フライ返しやサラダ油、シンク下には、包丁や菜ばしを収納しておけば、料理の効率とスピードも格段にアップします。
キッチンの作業スピードは収納場所にも大きく左右されます。

一時置きも乱雑にしない収納アイデア

料理中にザルを水切りしたり、使い終わった鍋を乾かしたりと、キッチンでは一時置きが必要になる場面がよくあります。でもカウンターの上はもういっぱい!濡れた物を置くスペースがないというケースも多いですよね。キッチンの作業を効率よく進めるには、この一時置きのスペースをしっかり準備しておくことが大切なポイントとなります。
そこで活躍するのが、写真のような吊り戸棚の下に取り付けるタイプの折りたたみ式のオープン棚です。
折りたたみ式なら作業に合わせて必要な時にはサッと引き出し、使い終わればパッとしまえるので、いつもキッチンはスッキリ。
キッチンの収納プランは、使用頻度と取り出しやすさを比例させて考えていくことが大切なポイントになります。


福喜
北九州 福喜
北九州
お客様の声 北九州
施工事例 北九州

 福喜
福喜

linksyu.jpg
福喜
北九州
 福喜
福喜